地域の音楽家とも共演! 「コバケンとその仲間たちオーケストラin飯山」

「なちゅら音楽祭2018」のトリを飾ったのが、8月5日(日)に飯山市文化交流館なちゅら大ホールで開催された「コバケンとその仲間たちオーケストラ」による2時間半にわたるコンサートでした。

最後の演奏曲『ボレロ』終了後、マエストロがタクトを止めた瞬間に力強い拍手とともにスタンディングオベーションが起こり、会場中に高揚感が充満しました。
海外では珍しくないスタンディングオベーションも、シャイな人が多いと言われる飯山市で起こることはとても珍しいそうで、なちゅらの桑原良満館長や自ら立ち上がった観客の方自身も驚いていました。

またコンサートには「仲間オケ」のメンバーに加えて地元有志で結成された合唱団、飯山高校吹奏楽部、信州大学交響楽団、信州大学吹奏楽団、そして信州大学付属特別支援学校の卒業生有志などで組織された和太鼓グループどんどこ座・芙蓉の会の皆さんも出演し”炎のマエストロ“小林研一郎監督の世界を体験しました。

昨年に引き続き2年連続で合唱団に参加してくれた女性は「コバケンさんの指揮で歌えるなんて光栄!」と喜びを語りながら「去年はとにかく緊張してました。世界的な指揮者のもと歌えることに舞い上がっていたので。そしたら歌い出しで突然演奏を止められて『皆さんならもっと素晴らしい声が出るはずだから、もう一回やり直しをさせてほしい』と仰られて。本番ですよ、ホントびっくりしました(笑)。ただ今思うとあれもコバケンさん流のコミュニケーションだったのかなと、良い思い出になりましたし、今年は止められることなく歌えるよう昨年以上に力を入れて練習しました」とお話してくれました。
今年合唱団や吹奏楽の皆さんが参加したのは、オープニングを飾った歌劇「アイーダ」より「凱旋の行進曲」。
迫力の演奏に乗せられた合唱は圧巻でした。

バンダ(オーケストラの中での別動隊・小規模アンサンブル)として参加した高校生や大学生は「リハーサルの時にコバケンさんから求められた演奏は、なかなか感覚的で自分の技量で表現できるのか不安になりましたが、本番は思い切ってチャレンジして楽しむことができました」と興奮を伝えてくれました。
演奏中、バンダへタクトで合図を出し、彼らの音を聞いた直後に見せた小林監督の笑顔はとても印象的でした。

どんどこ座・芙蓉の会の皆さんも満席の会場に緊張されていましたが、ステージに立つと堂々とした演奏を披露してくれました。
演奏を終えて舞台袖に帰ってきた彼らを真っ先に出迎え「すごく良かった!」と握手を求めたのは「仲間オケ」の打楽器奏者の方。
リハーサル時からコミュニケーションをとりながらアドバイスを送り、本番中はまるで我がことのように演奏を見守っていました。
「良かった!」の声に全員が破顔一笑。ステージ裏の心温まる瞬間でした。

仲間オケのメンバーの中には長野県出身者もいました。
音楽祭終了後に語ってくれた感想が、音楽祭を開催する一つの答えなのかもしれません。
「私たちの様な若手の演奏者がレッスンを受けられ、さらにはコンサートまで開催して大勢のお客さんがいらっしゃってくれる。それだけで十分ありがたいことなのですが、3日間の滞在を通して各地からやって来た演奏家が飯山や長野県のことを知ってくれたことが信州人としてうれしかったですね。地域の皆さんが取れたての桃やスイカなど旬の果物を会場で提供してくれたり、逆に地域の皆さんもクラシックに興味を持ってくれて話しかけてくれたり。お互いが刺激を受け合いながら一つのコンサートを開催できたことに感動しました。飯山の皆さんと一緒に作り上げているんだという意識が強かったから、演奏後にあれだけ大きな拍手をもらえたのかな。普通のコンサートではなかなか体験できることではないですね」。

6月18日(月)、19日(火)に指揮者の小林研一郎監督とヴァイオリニストの瀬崎明日香さんによる「出前授業」を受けた子供たちが、コンサート当日小林監督の楽屋に出前授業の感想文を持って訪ねてくれるといううれしい一幕もありました。

音楽をはじめとする文化・芸術の楽しみ方は人それぞれ。ただ一つの催しを通して、自分が想像していなかったような新しい気持ちが芽生えたり、新しい人との繋がりが生まれたなどの感想を聞くとうれしくなります。
また来年、音楽を通じてどんな楽しいことが出来るのか小林監督皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
「なちゅら音楽祭2018」の運営に携わっていただいた全ての皆様に感謝致します。本当にありがとうございました。

なちゅら音楽祭2018:コバケンとその仲間たちオーケストラ in 飯山

「コバケンとその仲間たちオーケストラin飯山」演奏曲
歌劇「アイーダ」より「凱旋の行進曲」/チゴイネルワイゼン/交響詩「フィンランディア」/パッサカリアより「夏祭り」/「転禍招福太鼓」/長野県歌「信濃の国」全体合唱/マエストロコーナー「椰子の実」他/シェヘラザード/「ボレロ」

文責:(一社)長野県文化振興事業団 芸術文化推進室 町田弘行

なちゅら音楽祭2018:コバケンとその仲間たちオーケストラ in 飯山
『なちゅら音楽祭2018:コバケンとその仲間たちオーケストラ in 飯山』についての情報は以下のページをご参照ください

【なちゅら音楽祭2018】レクチャーコンサート/コバケンとその仲間たちオーケストラ in 飯山

2018年4月23日