11月4日(日) 「トランクシアター・プロジェクト」2018事業報告&2019キックオフシンポジウム開催

長野県芸術監督団事業「トランクシアター・プロジェクト」は、串田和美による小さな座組(トランクシアター)の県内巡回公演を通して、身近に劇場などのない地域においても鑑賞の機会を拡げるとともに、芸術文化の力で地域の活性化を目指す人々による地域ネットワークの形成と、その核となる”市民プロデューサー”の発掘・育成につなげることを目指す事業です。

初年度となる2018年は、県内7つの地域団体(実行委員会)によりプロジェクトが推進され、盛況のうちに演劇公演が行われるとともに、公演を盛り上げるために取り組まれた地域イベントの独自色も打ち出され、地域と演劇文化との距離感が縮まり、今後の自律的な地域文化活動につながる可能性を残した結果となりました。

つきましては、以下の日程で「『トランクシアター・プロジェクト』2018事業報告&2019キックオフシンポジウム」を開催いたしますので是非ご来場ください。

日時:平成30年11月4日(日) 10:00~12:30(9:45開場)
場所:キッセイ文化ホール 第2会議室
入場:無料 
※どなたでも参加いただけますが、事前の申し込みが必要です。
(一財)長野県文化振興事業団 芸術文化推進室 026-223-2111 までお問合せください。

【プログラム】
■「トランクシアター・プロジェクト2018」事業報告
■2018地域プロジェクト実施報告
■パネルディスカッション「地域から始まる演劇との接点」
各地域プロジェクト実行委員長が参加予定
■「或いは、テネシーワルツ」巡回公演を終えて、そしてこれから…
長野県芸術監督団 串田和美(俳優、演出家、まつもと市民芸術館芸術監督)
劇団TCアルプ 武井卓 下地尚子

なお本シンポジウムでは、2018年の地域プロジェクト実施7団体からの事業報告により本年度事業を締め括りと合わせて、2019年にプロジェクトの実施を検討、あるいは関心をお持ちの地域団体・自治体・ホール関係者等にもお越しいただき、今後の実施に向けた検討の機会としていただきます。

シンポジウム チラシ